手汗を治したい、その方法を知りたい。そして私のように手汗で悩んでいる人を助けたいです。

保育士を目指す!かりんの手汗で悩んでいるブログ;;

保育実習体験

1年生の保育実習日誌の書き方のポイント

更新日:

実習日誌の書き方のコツ

初の保育実習ってどきどきしますよね。

先輩には、実習日誌が書けなくて脱落していく人が出てくるよ、と言われたり、妙に先生にがんばれ!行ってしまえばあっという間だから!と励まされたり。

それって余計に不安になりますよね。

なんなんですか?実習日誌って!?

何がそんなに大変なのかわからないので、不安が募るばかりです。

学校でも実習日誌の書き方の流れを教わりますが、まだ実習もしていないので、そうなんですね・・・。わかりました。がんばります。・・・と、他人行儀です。

それが実際に実習を終えて書こうとすると、何を書いていいのかさっぱりわからなくなってしまうのです;^^

初めての実習日誌にかかった時間

保育実習一日目の初めての実習日誌は4時間もかかってしまいました。

こんなに実習日誌に時間をかけていたら、寝る時間もありません。

これから保育実習をして日誌を書くときのためにポイントを記録しておきますので、参考にしてください。

実習日誌の書き方のポイント

  • 自分の気持ちは書かない
  • 子どものことだけを書く
  • 悪いことは書かない
  • 言い回しに困ったら、そこは書かない

実習日誌の文章のコツ

最初はどうやって実習日誌を書けばいいのかわからないので、初めから書き方を決めてしまえば楽になります。

  • 姿が見られる
  • 促す
  • 言葉掛けをしている
  • 姿を見守る
  • と気付く

初日の実習日誌から2、3日はこれの連発です;^^

言い回しを自分の言葉にしようと考えていたら私のように4時間もかかってしまいます。

具体的にするとこんな感じになるので、さくさく進めていきましょう。↓

  • 子ども達は(元気に挨拶)をしている姿が見られる
  • 保育者は(保護者と子どもの朝の引継ぎ)をしている姿が見られる
  • 保育者は(手を洗う)ように促す
  • 子ども達と(手洗いを)一緒にする。
  • 保育者は(うがい)をするように言葉掛けをしている
  • 子ども達が(排泄している)姿を見守る
  • (子ども達が使う水道が低い位置にある)と気付く

初めての実習日誌なので、こんな事務的な文章の実習日誌でも保育園の先生は大目に見てくれます。

事実を記録するだけの実習日誌でも、何日も書いていくうちに慣れてきて、それっぽいことがかけるようになってきます;^^

なので最初は文章の最後が~と促す。~と言葉掛けをしている。~と気付く。~の姿を見守る。~を子ども達と一緒にする。の書き方でどんどん実習日誌を進めていきましょう。

時刻 環境構成・子ども達の活動や姿 保育士の活動及び援助 実習生の動き及び気づき
8:30 ・登園

・子ども達は思い思いの玩具で遊んでいる。

・排泄、手洗い

・保護者と朝の挨拶をして子どもの引継ぎをしている。

・検温

・子ども達に笑顔で挨拶をする。

・子ども達が順番を守って排泄している姿を見守る。

16:30 ・降園

このように、ただ淡々を書くだけでよい。ということを知らないとえらいことになります。修正の嵐です;^^

保育ねこ
学校で渡される教科書をそのまま書いて全然いいんだぞ!楽だ!楽!
かりん
私も最初は教科書の丸写しはいけないと思っていたんだけど、みんなにラインで聞いてみたら教科書のまんまだって・・。
保育ねこ
だろ!
かりん
そうなの・・。自分で考えるのをやめて、教科書を写していくうちに書けるようになってしったしね。不思議~。

実習日誌で注意するポイント!

やってしまいがちなのが、自分の感想を書いてしまうことです。

実習先の先生がこの感想文タイプの実習日誌を見ると、来たなこのタイプ!と思って目を付けられてしまうので注意してください。

実習日誌の悪い書き方の見本

完璧に訂正が入る例は、私は~と思いました。です。

自分のことは実習日誌には書きません。

実習日誌の悪い見本の例1

× → 子ども達は自分で手を洗っているのですごいなと思いました。

 → 子ども達が手を洗っている姿を見守る。

私は~と思いました。と書く場合は実習日誌の最後にある感想に書くときだけです。

実習日誌の悪い見本の例2

× → 私は子ども達と一緒にシャベルを片付けをしました。

 → 子ども達が片付けやすいように言葉がけをして、一緒に玩具を片付ける。

実習日誌の悪い見本の例3

× → エレベーターに乗ることが嫌がる(難しい)子がいるたので、階段を使って実習生と2階へ上がる子がいる。

 → エレベーターと階段を使って2階に移動する。

もしくは書かない。

わざわざ子ども達ができなかったことは書かないでほしいのが園側です。

記録として残ってしまいますからね。

ですが、私たち実習生は何とかして実習日誌を埋めたい。その気持ちはわかります。

でも、言い回しが難しいことは書かかない方が無難。

時間短縮!

保育実習期間は時間が命です。

寝ることに時間をたくさんとって、心に余裕が持てるようにしましょう。

何を書いたとしても修正は入ってきてしまうのですから・・。

そういうものなのです。

その修正を見ていくうちに、段々とこうやって書くのかぁとわかってくるので、最初は淡々と書くことがコツになります。

私の初めての実習日誌を返してくれた時の先生のアドバイスはそんなにかっこつけなくてもいいんですよ。でした;^^







-保育実習体験

Copyright© 保育士を目指す!かりんの手汗で悩んでいるブログ;; , 2018 AllRights Reserved.